濃くて面白い映画だけの情報サイト



先日、「ダメ男と輝く女が創りだす素晴らしき世界」の特集で、良い映画の条件である(?)ダメ男と、それを陰で支える強く優しい女性が独特の素晴らしい世界観を醸し出す名作を紹介しました。でも今回は違う。リアルです。つまりはノンフィクションのリアルダメ男。ドキュメンタリーダメ男。物語の中で創りだされたダメ男ではありません。リアルなダメ男が、リアルに困難に立ち向かう姿を見れば勇気付けられないわけがない。

今回は「デート・ウィズ・ドリュー」「アンヴィル」「KAZUYA 世界一売れないミュージシャン」の3作品です。

デート・ウィズ・ドリュー

勇気付けられるという意味ではここ最近、自分の中で最もヒットしたダメ男ドキュメンタリー。主人公は彼女なし、かつ無職。無職なので収入は無いがローンの返済義務はバッチリある。ローン返済が滞り、督促がくると「お母さんに肩代わりしてもらう」ブライアン・ハーズリンガー27歳。

6歳の時にE.Tに出演しているドリューバリモアを見て熱烈なファンになって以来、頭の中は常にドリューバリモア。ドリューバリモアに会いたくて会いたくて仕方がない。そんな彼がふとしたことからテレビのクイズ番組で優勝し1100ドルを手に入れるが、そのクイズ番組で優勝を決めた正解が「ドリューバリモア」だった。

「これは運命に違いない・・・おれは30日以内にドリューバリモアとデートする運命にある・・」
ストーカー資質たっぷりのグリグリ天然パーマのブライアン(無職)が、あの手のこの手を尽くしてドリューバリモアに近づく為に奮闘する30日間を描いたセルフドキュメンタリー。

この映画の一番面白いところは、自分が「職無し」「キモイ」「運動オンチ」というダメ要素満載であることを認識しながらも、それを全く気にせずに超人的な行動力でズンズンと前進していくブライアン自身。自分のダメ要素と愛されキャラを武器にして、大物から小物まで様々な人たちを味方につけて前進していく姿は爽快であり、ラストは不覚にもボロボロと泣いてしまった名作。落ち込んだ時に観たら絶対に勇気付けられます。
「こんなのでも良いんだ・・・」

各作品の詳細なレビューは以下のリストから。予告編も観れます。

ページ: 1 2