濃くて面白い映画だけの情報サイト

ジャンル:人間ドラマ
製作国:その他
監督:ハニ・アブ・アサド
主演:カイス・ネシスほか
話の舞台はパレスチナのイスラエル占領地ナブルス。爆弾が飛び交い、貧困が蔓延し、イスラエルとは分断され自由に人の出入りもできないという絶望的な環境。そんな環境の中、二人の親友同士の若者がパレスチナ過激組織からイスラエルへの「自爆攻撃」を命じられる。

「覚悟はできてるな?」髭をそり、スーツを着て最後の晩餐を食した後、家族や恋人にそれとなく別れを告げ、ナブルスの壁を越えて標的となるイスラエルへ向かう。この選択は本当に正しいのか?おれたちは一体何がしたいんだ・・?!葛藤の末、二人がとった決断は・・・

どんな面白さ?

とにかくテーマは重い。でも説教臭さや偏った主張は感じられず、良い意味でとてもニュートラルにパレスチナの若者の姿を描いているように感じました。パレスチナという自分にとって新鮮な舞台での映像美も楽しめたし、なによりもパレスチナという望んでも行くことが出来ない場所、見ることができない生活を観ることができるというのが、一番刺激的で面白い部分でした。

ただ、あまりおすすめはできないかも・・・
その理由など詳しい話を書いてしまうと映画を観る動機が薄れてしまうと思うので、詳細は書きませんが、色々な意味で忘れることのできない映画になりました。

何よりも大きな収穫は、イスラエル、パレスチナという未知で複雑で不気味な領域に深い興味が持てたことかもしれないです(パレスチナに関する本を2冊買って読んでしまった)

映画館・オフィシャルサイト情報など


オフィシャルサイト
※文字化けすると思うので、その場合はブラウザ(IEの場合)の「表示」⇒「エンコード」⇒「日本語(EUC)」を選択すれば正しく表示されます。