濃くて面白い映画だけの情報サイト

2014年4月6日に 観ずに死ねるか!傑作ドキュメンタリー88 が全国の書店で発売されました。 そしてこの映画の出版記念上映会が4/13~4/26迄ポレポレ東中野にて開催されていたのに、既に過ぎてしまった・・・ 松江哲明監督の「童貞。をプロデュース」やオウム真理教の内部を追った森達也監督の衝撃のドキュメンタリー「A」「A2」など、TSUTAYAではレンタルできない最高のドキュメンタリーがたくさん上映された上映会だっただけにとっても悔やまれます・・・もう一度観たかった! せめて本だけでも買おう・・・ということで、以下にリンクを。 そして、この本だけでなく結構あります。 「名画」ではない「濃い映画」を紹介してくれる本。 日本のカルト映画(1945年~1980年)を集めた、 「カルトムービー 本当に面白い日本映画1945-1980」 日本のカルト映画(1980年~2001年)を集めた、 「カルトムービー 本当に面白い日本映画1980-2001」 歴史の闇に葬られたタブー映画、忌々しい呪われた映画、一線を越えてしまった映画、観た人の心に傷を残す映画など、世界の「観るとトラウマになる映画25本」をレビューした映画本。 トラウマ映画館 こちらは有名な映画が多いので、「もう観た」というのも多いでしょうが「名作カルト」の中身を詳しく知りたい人には最高な 映画秘宝EX 映画の必修科目01 仰天カルト・ムービー100 驚くのはこれらの本全てのAmazonでのレビュー点の高さ。 「観ずに死ねるか傑作ドキュメンタリー」と「カルトムービー 本当に面白い日本映画1945-1980」は合わせて10人以上が採点していて全員5点(笑)。 「トラウマ映画館」に至っては、40人近い人のうち90%近くの人が4点、5点をつけてます。 ちょっと明日あたり、これらの本でも漁りに行ってみます。明日は雨のようだし濃い映画日和です。