濃くて面白い映画だけの情報サイト

先日、愛すべき51歳の売れないダメダメミュージシャンのドキュメンタリー 「KAZUYA 世界一売れないミュージシャン」 のレビューを書きました。 その時にふと思い出したのが、 アメリカ版の愛すべき50歳売れないバンドのドキュメンタリー「アンヴィル」 この映画はUPLINK配給の映画でDVD化もされてるし、5年ほど前はTSUTAYAで比較的目立つ位置にも陳列されていたので、(たぶん)それなりにヒットしたのだと思いますが、自分はまだ観ていない(当時それほど興味が持てなかった)。 「KAZUYA 世界一売れないミュージシャン」がものすごく良い映画なので、こちらの方にも興味が湧いてとりあえず予告だけ観てみました。 結果的に予告編だけ観て泣いてしまうハメになりました。 詳細は以下の予告編を観ればわかりますが、こちらはとにかく暑い。いや熱い! 音楽は映画にとって不可欠なもので、その音楽がストーリーと直結しているのってすごく有利に働くんでしょうね。そして、ここ最近音楽を追ったドキュメンタリーがとても多い。 自分が知ってるだけでも他にもこれから1か月以内に公開予定の熱い音楽モノが4本もあります。 テクノミュージシャンであるジェフ・ミルズを追ったドキュメンタリー映画 「Man From Tomorrow」は5月5日に一日限定でユーロスペースにて公開決定(公式サイト)。

MFTtrailer JP from AxisRecords on Vimeo.

ピストルズやクラッシュの少し後に活躍し「売れる」ことを拒否したパンクバンド”CRASS”の 当時と現在を追ったドキュメンタリー映画「Crass ゼアイズノーオーソリティバットユアセルフ(長い・・)」は2014年5月3日から新宿のK’sシネマにて公開決定(公式サイト)。 ジャカルタのパンクバンドを追ったドキュメンタリー「マージナル=ジャカルタ・パンク」は2014年5月3日からUPLINKにて公開予定(公式サイト)。 日本国内のバンドONE OK ROCKの世界ツアーを追ったドキュメンタリー「Fool Cool Rock」は2014年5月16日より全国公開予定(公式サイト)。 ちょっとイキがって「映画と音楽は相性がイイ。音楽ドキュメンタリー特集」でもこのサイトで組んでみますか。 しかしパッと見たカンジだとやっぱり自分としては 「KAZUYA 世界一売れないミュージシャン」 が一番好きかな・・・ だって「ストレートなダメさ」はロック(?)の本能だもんねー