濃くて面白い映画だけの情報サイト

20年以上前に大ヒットした「ホーム・アローン」の主役マコーレー・カルキン。 すっかりおじさんになったマコーレー・カルキンが黙々とピザを食べる謎の動画の記事を先日見つけました。 ピザは冷めてそうで全然美味しそうじゃないんだけど、ピザを紙袋から取り出す音や食べている様子を見ていると不思議にも無性にピザを食べたくなってしまいました。 こちらはピザそのものの広告ではないんですが、広告、それも動画から受ける影響って本当に大きいことを実感。音と映像の合わせ技を食べ物広告に使われると敵いません。 この意味不明の動画はアート作品のドキュメンタリー映画のパロディらしいのですが、マコーレー・カルキンの現在の活動含めた詳しい事情は元記事で説明されていて、すごく面白かったです。 食べ物広告つながりで、別の記事に旨そうな広告の記事も載ってました。 ロシアのステーキレストランの広告です。 広告であればふつうは、肉を焼いているシーンを動画にしそうですが、この広告は、 ステーキ肉の写真を掲げた広告板を燃やしている動画を広告にしています。 ピザとステーキ食べたい・・・