濃くて面白い映画だけの情報サイト



セルフドキュメンタリーの元祖「極私的エロス・恋歌1974」のDVDが2015年12月2日に復刻!!

先日記事にした「全身小説家」に続き、原一男ドキュメンタリーの第2作目。

この作品もまだ観たことがない。というか観ることは殆ど不可能でした。レンタルビデオ屋でも中古でも置いてあるところを見たこともないから、観たくても観れなかった(「さようならCP」と「ゆきゆきて、神軍」は新宿のTSUTAYAに置いてあるのをその昔見かけた記憶があるけど、「極私的エロス・恋歌1974」は見つけられなかった)。

「極私的エロス・恋歌1974」のあらすじ

原監督の元恋人である武田美由紀は原監督に別れを告げ、原監督との間にできた子供を連れて沖縄へ移住する。

そして彼女との関係を保つために、原監督はカメラを持って沖縄へ向かい、映画を撮影し始める。沖縄での美由紀と黒人男性との交際、女性同居人との壮絶なケンカ、原一男監督の新恋人・小林佐智子との三角関係、交際相手との別れなどあらゆる「極私的」なシーンがカメラに納められていく。

そんなさなか美由紀は東京へ戻り、黒人男性との間にできた子供の自宅出産を決意。そして自宅出産という究極的私的空間の中で、原監督はカメラを回し続けた・・・

「何がなんでも一人の力で生きていくからよ!」

と譲らない強い女性と

「おまえ、黒人男性が好きなんだな!?」

と元交際相手に迫り嫉妬に泣きじゃくる情けない男性(原一男)。 以前に「良い映画にはある共通点があった・・・ダメ男と輝く女が創り出すスバラシキ世界特集」で書いたように、自分はこういう強い女性の映画に強く心惹かれる。

それにしても、タイトルにあるように、製作年は1974年。まだデジタルビデオカメラもスマホもない時代。

フィルムは高価で、映画の製作コストは今よりべらぼうに高かった時(というかPCすら一般的でなかったアナログ時代に、どうやって編集するのかも正直全く想像すらできない時代)に、よくもまあこんなに私的作品を真面目に撮ったものだと尊敬することしかり。

ちなみに武田美由紀と原一男との三角関係の渦中にあった原監督の新恋人(現妻)である小林佐智子はこの映画の製作を担当。どこまで私的なのか。

セルフドキュメンタリーの元祖「極私的エロス・恋歌1974」のDVDが2015年12月2日に復刻!!絶対に買い。



71CHdx4y9-L__SY679_