濃くて面白い映画だけの情報サイト



「トラップ」渋谷のミニシアターであるヒューマントラストシネマ渋谷の「未体験ゾーンの映画たち」企画でのみ上映された、もともとは未公開だった良作が4/3にDVDリリース!!

これは、ちょっと無理かも・・・予告編を観るだけで具合が悪くなってくる・・・もしこんなプレッシャーが自分に降りかかったら・・・と考えただけで、頭が酸欠状態になりました。心臓に悪いです。

舞台は灼熱の砂漠。砂漠でゲリラに襲われた一人の兵士が、不意に地雷を踏んでしまう。足を離せば・・少しでも足を動かせば・・地雷が爆発してしまう・・部隊は敵にやられ全滅。GPSは破壊され、自分が今いる位置もわからないから本部からは誰も応援に来ることができない。

孤立無援の中での「灼熱」「砂嵐」「飢え」・・・銃弾が飛び交う戦場よりも過酷でプレッシャーな戦いを描いたフランス映画。そう、戦場が舞台というフランス映画としてはとても珍しいです。

「トラップ」のあらすじ

主人公のデニスが所属する舞台は2か月後に帰国を控え、敵地から基地へと戻る途中だった。ところが砂漠でゲリラの攻撃を受け、舞台は壊滅的な打撃を受ける。なんとか銃撃戦を切り抜け、生き残ったデニスと仲間のムラートとともにあたりを見渡すと、敵が隠していたと思われる大量のヘロインが見つかる。

「これだけあれば・・・一生困らない大金が手に入る・・・」

誰もいない灼熱の砂漠で、誘惑に襲われる仲間のムラートを諭すデニスと口論になりかけたそのとき、デニスは何かを踏み「カチ」という無機質な音が響いた・・・

poster2