濃くて面白い映画だけの情報サイト

今日は「13日の金曜日」ですね。(記憶の限り)生まれて初めて観たホラー映画は「シャイニング」、「エクソシスト」のどちらかだったと記憶しています。この頃幼稚園の年中さん。その後すっかりホラーマニアになってしまい、金曜ロードショーなど夜9時からのテレビ放送される映画は必ずチェック(まだ字が読めないので母親がチェック)し、「ホラー」か「カーチェイス」の時には必ず観ていました。

その中でもとってもハマったのが「13日の金曜日」。デカい体に「ホッケーマスク」を被ったジェイソンは本当に恐ろしかった・・・「ホッケーマスク」というものの存在を知る前に「ジェイソンのマスク」を知ってしまったので、初めてアイスホッケーのキーパーを見た時は本気で「ジェイソンがいる・・!」と思ってしまったくらいです。

51nHJCK8OPL

そんなホラー好きな自分が幼少期に開発した画期的な遊びがあります。それは
ゾンビごっこ。
ルールはいたって簡単。オニごっこのオニに、追いかけるときに「走るの禁止」&「フラフラ歩く」&「ぅあ~・・お˝~・・・」とうめき声をあげる。というルールを課しただけ。「くだらねぇ・・」なんて思ったら大間違いです。本当にメチャクチャ怖くて大流行して、このオリジナル遊戯を中学2年生までやってました。

「走るの禁止」なので大抵は家の中でやることになるのだけど、逃げる側は家の中の押し入れや階段の下などに息をひそめて身を隠していると、ヨタヨタとした足音と
「ア˝~・・・ンオ~・・」
といううめき声を上げながらゆっくりと近づいてくるのは、本当にホラー映画の中に入ったような気分になれました。

そしてあるとき、3歳年下の従兄弟が遊びに来た時にも「ゾンビごっこ」をしていた時のこと、従兄弟がオニ(ゾンビ)になり、さあ追いかけようとしたそのとき、従兄弟が

「おれはジャイソンだぞぉ~!!」

おそらくジェイソンのことを「ゾンビ」だと勘違いしたのでしょう。それにしてもジェイソンのつもりが「ジャイソン」って・・・

一文字違うだけで、世界を震撼させた猟奇的殺人者が、クラスのいじめっ子レベルに一気にスケールダウンしてしまうことに驚きました。

下の予告は「13日の金曜日2009」(マイケル・ベイ監督)おそらくシリーズ(?)で最新作。それにしても1980年に第1作がデビューして2009年まで継続するなんて、やっぱジェイソンすげぇ!!



そして気付いたら既に13日の金曜日から日付が変わって14日の土曜日・・・でもね、本当に「新・14日の土曜日」っていう映画もあったんですよ。TSUTAYAで検索しても・・・やっぱり無い・・・Amazonも・・・観れないとわかると余計みたくなるのが人の常。