濃くて面白い映画だけの情報サイト

1971年の1月1日、その映画はなんの宣伝もされずにニューヨークの映画館で深夜上映されました。その後アンディ・ウォーホール、ミック・ジャガー等の著名アーティストから支持され、ロングランヒット。更にはジョン・レノンが熱狂の余り版権を購入したことで暫く人目に触れる機会が失われ、見事に「カルト」化したアレハンドロ・ホドロフスキーの「エルトポ」。

この「エルトポ」に次ぐ、ホドロフスキーの第三作が「ホーリー・マウンテン」。こちらも代表作「エルトポ」と同じくらい熱狂的ファン(信者)が多いとされるカルト映画です。

「エルトポ」の余りの素晴らしさ(?)にデニス・ホッパー、ピーター・フォンダ、ジョージ・ハリソンが出演を希望していたのに、結局出演者はほぼ全員素人+ホドロフスキー本人という、勇気溢れる挑戦なのか無謀なのかよくわからない映画が、4/2にTSUTAYAでDVDレンタル開始されます!!

暴力も卑猥さもグロさもてんこ盛りのぶっ飛び映画。その撮影も動物園前職員を買収して猛獣を園から街中へ連れ出したり等、かなりぶっ飛んでいたようで。

不気味でキモいカルト映画には興味はある。怖いもの見たさでちょっと覗いてみたい。でもそのためにいきなり4000円ポーンと出すにはためらいが・・・という人は借りてみると面白いかも!!

81Vg4L3juHL__SL1500_