濃くて面白い映画だけの情報サイト

「パパ、遺伝子組み換えってなあに?」知っているようで知らない遺伝子組み換え食品について、ふと疑問に思った一般庶民が自分の足を使って調べ上げたドキュメンタリーが2015/4/25よりUPLINKにて上映!!

「この商品は遺伝子組み換え食品ではありません」買い物をするたびにラベルに貼ってあるこの表示を目にするうちに、「遺伝子組み換え食品は危険。なんか知らないけど。」というイメージだけが刷り込まれてしまいました。「ラベルそのものが信用できない」という問題を差し置いて、そもそも「遺伝子組み換え」って何なのか?!

今までだって、異なる種子を交配させて新しい品種を作り出すという農業技術は使われてきたのに、なんで「遺伝子組み換え」は気持ちが悪いのか!?

もちろん、伝統的な交配は、人間がやるのは異種の種を交配させるための「機会」を与えるだけで、遺伝子そのものに手を加えていないもの。それに対して「遺伝子組み換え」は人工的に遺伝子を操作している。という違いはある(みたいだ)けど、なぜそれが「危険」なのか理由は謎です。遺伝子という生命のプログラムに手を出すことが、なんとなく神への挑戦のような気がして気が引けてしまう。というだけで、ハッキリとした根拠がないというのが自分の認識です。

だったら調べてみようぜ!!とロードムービーさながらに各地を旅しながら、ジェレミー・セイファート監督の一家は家族で旅をしながら遺伝子組み換えについて調べてみるという、体当たりのドキュメンタリーを制作したのが、この「パパ、遺伝子組み換えってなあに?」という映画です。

main_s_large

そして調べるうちに見えてくる、食品業界の裏側・・・

sub4_s_large

それにしても、UPLINKは「世界が食べられなくなる日」「聖者たちの食卓」「モンサントの不自然な食べ物」など「食」を巡ったドキュメンタリーを扱うことがとても多いし、UPLINK映画館の1階で経営されているカフェ「Tabela」のメニューは野菜中心の料理を提供しています。「食」「環境」「教育」にとても関心が高い映画館・配給会社のようでいて、裏(?)では「殺人ワークショップ」「VHSテープを巻き戻せ!」などのちょっといかがわしい映画も併せて上映しているところが好きです。

「パパ、遺伝子組み換えってなあに?」知っているようで知らない遺伝子組み換え食品についてのドキュメンタリーは4/25よりUPLINKにて公開!!

poster2