濃くて面白い映画だけの情報サイト



「クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落」が3/6にDVDで発売されます!!この映画はリゾートシェアビジネスで無一文から億万長者にのしあがったデビッド・シーゲルが「アメリカ最大の豪邸を建てる!総工費は100億円!」というバカげた野望をうちたて、その実行の様子をカメラに収めたドキュメンタリー・・・

の予定だったが、豪邸の建設着工後、ドキュメンタリー撮影中にリーマンショックが勃発。その影響でデビッドさんは大富豪から一気に借金まみれに転落していく・・・ 大富豪のバカ計画の実行の様子を捉える予定が、大富豪の転落人生の様子をリアルタイムに捉えることになってしまった生々し過ぎるドキュメンタリー。その結果、サンダンス映画祭でドキュメンタリー部門で監督賞を受賞してしまったという、結果的に人の不幸を逆手に取って監督の方がのし上がってしまったという異色映画。

「なぜそんな大豪邸を建てるかって?俺にはそれが可能だからだ」

ふんぞり返って名言をつぶやいていたデビッドが

「愛してるなら・・頼むから電気代を節約してくれ・・・」

と懇願する姿は哀れだけど、妻のジャッキー・シーゲルさんの前向きパワーは悲壮感を漂わせず、コミカルな雰囲気すらあります。母強し。

photo5_large

それにしてもこの世界最大の1戸建て「キッチンの数が10個」、「風呂が30個」って・・・なんでもデカけりゃオーケー!といういかにもアメリカ人大富豪らしい発想がイタイです。うらやましいけど。

そして転落の様子を楽しむ映画なんて・・・昔ボウイの歌で「人の不幸は大好きさ!」と歌う「モラル」という曲があったけど、まさにその歌を思い出してしまいました。友達の不幸をあからさまに喜んでしまったらモラルが疑われてしまうけど、映画の中だったら大丈夫。

他人の不幸は蜜の味的なドキュメンタリー映画「クィーン・オブ・ベルサイユ 大富豪の華麗なる転落」は3/6にDVD発売!

poster2