濃くて面白い映画だけの情報サイト

今朝、何気なくTwitterを覗いていたら「これ観て泣いた」というツイートと一緒にとある映像が張ってありました。「泣ける」「感動した」というフレーズは正直なところあまり好きじゃないので、普段は全力スルーするのですが、今日はなんとなく観てみたら・・・まんまと泣きました。いや別にスゴい「感動のストーリー」というわけではないんだけど、子供の表情があまりにも良かったので・・・

それにしても3日間で再生回数が100万回以上って・・・言ってはみたけどどれだけスゴイのかピンときません。このショートムービーは二分間の短い映像なのに、ちゃんと起承転結があることに感銘を受けました。人通りの多いニューヨークのアーケードで道行く人へのサプライズ映像。初めは気付かずに通りすぎる人、気付いても「チラ見」だけして素通りする人。次第に「なにこれ?!」と興味を持つ人が集まり、ダンスする人まで。そして最後に○○がサプライズ登場する時には子供も大人も歓声をあげて大喜び。やっぱり「喜んでいる姿」は一番心を動かされますな。



このショートムービーは朝に発見した後に仕事へ行って、夜帰ってきてFacebookをみたら、既に友達の4人(この4人に繋がりは無いにも関わらず)がこの動画をシェアしていました。凄い拡がりようです>

次のショートムービーの舞台はフランス。複数のカップルのプロポーズストーリーが入り交じりなから同時進行。さすがフランス。どことなくキザです。こちらは3週間弱で200万回。