濃くて面白い映画だけの情報サイト

”あっちゃん”こと1980年代から活動するバンド”ニューロティカ”のボーカリスト。
”ニューロティカ”。正直なところ、僕はこのバンドのことをよく知らない。知っているのは、今でも付き合っている高校時代の親友が大ファンで、そいつの家に遊びに行ったときにCDを聴かされたこと。メンバーの一人が彼の中学校のセンパイだったこと。その頃ビックカメラのCMに出ていたこと。ちょうどその頃はバンドブームで、バンド雑誌を手に取ると、美しいビジュアル系バンドがひしめくなかで、ビジュアル的にイカれたこのバンドの記事がやたらと目立っていたこと。

そのくらいで、どんな曲だったのかも殆ど記憶にありません。それでも脳裏に焼き付いているのは、インパクトのあるルックス(ボーカルのみ)と、親友の家で聴いたCDがとてもふざけていたことです。

親友は「これ、すげぇウケるんだよ」と大爆笑しながらCDを聴かせてくれたけど、僕は全然笑えませんでした。内容が本当にふざけていたからです。メンバーの内輪(もしくはファン)だけがわかるネタを話したり、寸劇のようなものが収録されていたり、替え歌を即興で歌ったり・・・

「なんだこれ?!」

それでも20年以上それを鮮明に覚えているので、きっと他には無い新しいインパクトがあったのだと思います。それを心が憶えている。何よりもこの映画のことを知った瞬間に「観たい」と感じたのことがそれを表しているのかもしれない。

しみじみと感じるそんなバンドのメンバーも、当時のメンバーは全て脱退。残るはボーカリスト「あっちゃん」のみ。そのあっちゃんを追ったドキュメンタリー。

当時のメンバーとの確執や収入までぶっちゃけてくれます。全国的に売れっ子ミュージシャンの絶頂収入なんて聞きたくない。10億円なんて聞いてもイメージも出来ないし、10歳も年下の若者のそんな話を聞いても、意味もなくヘコんでしまうから。

でも、人気落ち気味の年上バンドマンなら・・・給与明細を後ろからちょっと覗いてみたいこの気持ち。そして収入が意外と多かったりすると、なんとなく希望が湧いて勇気付けられたりして応援したくなったり。そんなバンドマンが実家のお菓子屋で働きながら、何を思い音楽を続けるのか。詳細は映画で!!

話は戻り、親友宅でニューロティカのふざけたCDを聴いたときに最も印象に残ったのが、当時のメンバーがあっちゃんの薄毛を指摘する歌を即興で歌っているところ。たしか

「あっちゃんはなんでそんなに髪がうすいのぉ~♬あっちゃんはいつハゲるのぉ~♪」

そんな即興歌だったと思う。CDから流れてくる歌を聴きながら、部屋に貼られたデカいポスターを見ると、真ん中で親指を噛んだポーズで写っているあっちゃんの髪の毛は全然薄くない。でも細くサラサラな金髪の髪質は「あぁ、確かに10年後は怪しいね・・・」そんなことを感じたのもよく憶えています。だからこの映画を知ったときまず最初に目がいったのはあっちゃんの髪の毛。あぁ、やっぱり・・・

original

(きっと)好奇心と勇気を満たしてくれる「あっちゃん」ドキュメンタリーは4/18より渋谷HUMAXシネマ、シネマート心斎橋にてレイトショー公開!!