濃くて面白い映画だけの情報サイト

歌って踊らないインドサスペンス映画「女神は二度微笑む」が2/21よりユーロスペースにて公開!
インド映画らしからぬ緻密でスリリングなジェットコースターサスペンスは、本国のアカデミー賞5部門を独占。既にハリウッドでのリメイクも決定しています。

行方不明になった夫を探しにロンドンからやってきた主人公が、インドの様々な場所を訪れ、クライマックスではインドの秋祭りをバックに展開するこの映画、インドを旅行する前に絶対に観たいです(インド旅行の予定はないけど)。

そしてぶっちゃけて言ってしまうと、何よりも気になるのが主人公の女優ヴィディヤー・バーラン。いや、インド女優はなんでこんなにキレイ?!と思うくらいキレイな人が多い。「マダム・イン・ニューヨーク」のシュリデヴィも、観ていてため息が出るほどキレイでした。

そして自分の中では勝手に女優の格付け基準になるものを設けています。勝手に。大きく分けると3ランクありまして、一番下は「男にばかり好かれる女優」。真ん中は「女性メインで好かれる女優」。そして最高ランクは「男からはモテモテで女性からは憧れを持たれる女優」。

この女優さん、観た瞬間に最高ランク決定。いやスゴイわ。こんなに知的で上品で色気もある女優さんは。ちなみに学生時代に大学の研究室にインドの隣国バングラディッシュから国費で来た優秀な留学生がいて、PCのモニタの下にキレイな女優さんの写真が貼ってありました。

あるとき何気なくその人に「この人はバングラディッシュの女優?」と聞くと、驚いたことに「僕の妻だけど」・・・ずっとその留学生がファンの女優の写真だと思い込んでいたので腰を抜かすくらい驚いたです。画像が無いのが残念。恐るべし南アジア系女性。

megamiposter2