濃くて面白い映画だけの情報サイト



なぜ「ネガティブ」なものに心惹かれてしまうのか・・・ネガティブ思考はネガティブを引き寄せる。だからポジティブ思考になったほうが良い。というのが一般的な考えだと思うし、この考えはある程度当たっていると思う。

でも映画を見渡してみると、最初から最後まで良いことしか起こらない完全ポジティブ映画はほとんどお目にかかれないけど、ネガティブなことしか起こらない純正ネガティブ映画はたくさんあるような気がします。

この映画「罪の手触り」もう予告編を観ただけでネガティブ要素満載の雰囲気に引き込まれてしまった。そしてこの映像美。ネガティブ要素と映像美はなんでこんなに相性が良いのか・・・?

tuminosub01_large

どんよりとした不幸の中で道を踏み外して罪を犯していく4人の物語がオムニバス形式で進行する美しい映像が印象的な「罪の手触り」は2/6にDVDリリース。

tsuminotezawariposter2