濃くて面白い映画だけの情報サイト

アムステルダム国立美術館の職員の葛藤と周辺地域住民との衝突をコミカルに描いたドキュメンタリー映画「みんなのアムステルダム国立美術館へ」はユーロスペースにて公開中。

200年の歴史を持つアムステルダム国立美術館の全面改修プロジェクトが2004年に開始された。しかし凝った建物の構造に「自転車が通れない」と住民が猛反発。美術品へのこだわりを持った製作サイドと、利便性を重視する住民の間で衝突&プロジェクト中断の連続で、十年間宙に浮いたまま公開延期を繰り返したアムステルダム国立美術館の行く末を描いたドキュメンタリー。

映画の注目ポイント

この映画は「ようこそ、アムステルダム国立美術館へ」の続編にあたり、前作は制作側と住民側との衝突で何度もプロジェクトの中断に追い込まれる様子を描き、続編である本作は、とうとう美術館が完成しオープンする感動シーンまでを描いています。

「こんなに凄い美術品を展示できるのチャンスは一生に一度だ!」「早く皆に美術品を見せたい」と意気込む学芸員と冷ややかな反応の住民。

情熱を持って好きなことに一生懸命取り組めば、必ずその仕事の価値を認めてもらえる・・・そんなことを「自己啓発本」で読んだことがある。そしてそれを信じて夢中で取り組んだのに、周囲の反応は至って冷ややか・・・この映画と同じことは既に自分の身の回りでも自分の身にも起きている。

僕の場合は怖い話が好き過ぎて「怖い話アプリ」を製作したとき。この時Androidアプリのプログラムを書きながら自分では「この世で一番面白い怖い話アプリだ・・・」と自信満々。寝ても覚めてもプログラムと怖い話を書き続け、意気揚々とGoogle Play にアップロードしても一向にダウンロードされず、やっとダウンロードされ始めたと思いきや、最初についたコメントが「は?なにこれ?」・・・

美術館製作サイドと住民の温度差をコミカルに描いているけど、決して他人事ではないこの映画。そんな「すれ違い」と「空回り」を描いたドキュメンタリーはユーロスペースにて公開中。

poster2