濃くて面白い映画だけの情報サイト

レコード=オサレ、カセットテープ=不便なだけ。僕はいつからこんな勝手なイメージを抱いていたのか。そんなイメージが変わってしまいそうなWEBサイト。カラフルなカセットテープの画像をブランド別に何百種類も掲載しているWEBサイトがニュースで話題になっていました。セレクトボックスで選択できるブランドの中に「Maxell」がある!!懐かしい・・そういえばよくコマーシャルでやってた・・・

maxell

画像だけでなく、カセットテープの“>Tシャツやカバンも販売してます。

カセットテープは音楽だけど、映画だったらVHS。テープが傷むとか、テープがデッキに絡み付いて取れなくなるとか、巻き戻し早送りが面倒臭いとか、ネガティブな部分はカセットテープとほぼ共通。少し前までは「レトロ」と呼ばれるほど古くなかったので「不便さ」ばかりが目について、あまり取り上げられることがなかった「テープ」。ところが、時代がさらに進んで今やメディアはCDやDVDからストリームの時代に入ると不思議なことに「テープ」も懐かしくて個性的な愛すべきメディアに熟してきた感があります。

そんなテープの良さ・意義を語りつくしたドキュメンタリー映画「VHS テープを巻き戻せ!!」はとっても面白い目から鱗のドキュメンタリー映画。すでにほとんど上映終了しているけど、アップリンクの「見逃した映画特集」イベントで12/20、12/24、12/25に上映予定!(よりによってクリスマス・・・)