濃くて面白い映画だけの情報サイト



11月5日からDVDレンタルされている「マダム・イン・ニューヨーク」を観た!!これも映画館で観たくとも観れず、家でDVDにて鑑賞です。そしてさすがインド映画。明るく前向きで歌も踊りも家族愛も友情も恋話もある。

マダム・イン・ニューヨークのあらすじ

裕福な家庭で子供二人と夫、義理の母親と暮らす主婦シャシは、家事や子育てをこなしながらお菓子作りに励む平凡な主婦。シャシが作るお菓子は近所でも評判で、ささやかながらもビジネスとして成功していた。しかし夫は「そんな菓子作りはやめろ」とシャシの成果を認めず、子供たちは英語が話せないシャシをバカにしていた。そんな小さな不満を抱えながらも穏やかに暮らすシャシのもとへ、ニューヨークで暮らす姪っ子の結婚の知らせが届く。シャシは結婚式準備の手伝いのために一ヶ月ほどニューヨークの姉の家に一人で向かうが、文化も違い、英語も全く話せないシャシはカフェでコーヒーを買うこともできない。そこへ目に飛び込んできた英会話教室のポスター。そこには「4週間で英語が話せるようになる」と吟われていた。
周囲には内緒で英会話教室に通う決意をするシャシ。意を決して教室に入るとそこにはアジア、アフリカ、ヨーロッパなど様々な国の「英語が話せない」人たちがいた。期限は結婚式までの4週間。シャシの奮闘と教室での交流と恋話を描いた、明るく前向きなインド映画。

madamu_in_party
madam_in_class

女の人はこの映画が絶対に好き!と思いきや・・・

とても明るく前向きで楽しめました。そして一人夢中で9割ほど見終わってから、「これは嫁に見せたいな」と思い立ち、続きをみたい気持ちを抑えて鑑賞を中断。妻はとにかく明るく前向きでかわいい女性が出てくる映画を好むし、子育てと家事に追われて少し不満を抱える主婦という立場は間違いなく心がシンクロするだろうと思った。

そして翌々日に妻と鑑賞。とくに映画が好きではない彼女は予想通り最初はスマホをいじったり、家事をしたり、あまり真剣に観ていなかった。 そして主人公のシャシがニューヨークに単身で向かったところから、一変して真剣に観はじめ、ニコニコと笑いながらかなり楽しんだいる様子。そして観ながら「今までハパに見せられた映画のなかで一番面白い!」と喜んでいました。

そして、この映画は主人公のシャシが異常なくらいキレイ。妻も何度も「この人、ほんっとにキレイ・・・」と呟いていました。 それと、インドからはじめてニューヨークに訪れた女性の視点で描かれているので、街の様子や雰囲気がとても華やかで、これも女性が気に入る要因の一つなんだと思う。

そしてラストには大感動してボロボロに泣くかと思いきや、ラスト近くではウトウトとうたた寝していた・・・そしてあっさりと「面白かったね」の一言。本当に面白かったのか・・・?!どっちなんだ・・・?!

個人的にはシャシに一目惚れしたクラスメイトのフランス人男性が猛烈にアタックする姿を見ていて、学生時代を思い出してドキドキしてしまった。ラストはハッピーエンドに感動というよりも、シャシへのアタックに全身全霊を捧げていたこのフランス人男性が失恋する姿を見て、学生時代を思い出して胸が苦しくなりました。

YAHOO映画では100人近くの評点で平均点が4.3点(5点満点)と非常に高いこの映画、11/5よりDVDレンタルされてます。

madam_in_newyork_poster