濃くて面白い映画だけの情報サイト

俳優 森山未來の一人自撮りドキュメンタリー。 題して「森山未來 自撮り365日 踊る阿保」。映画じゃないけど、12月17日にNHK BSプレミアムで22:00から1時間放送されます。映画じゃないけど、これは観たい。この俳優さんのことを全然知らないくせに、好きなのです。「危険なアネキ」というドラマに主人公で出ていた俳優さん。TSUTAYAに置いてあるこのドラマのDVD 表紙に写っているこの人の表情がとても良かったのと、同じくこの人が主人公の映画「モテキ」が友達が面白い!と言っていたから。そして両作品とも全く観たことがないので、ほとんど言いがかりと変わりません。

でも、それだけでは「興味がある」程度で「観たい」と思う気持ちにまでは発展しない。観たい気持ちになったのは、この俳優さんが単身でイスラエルで生活した様子を自撮りで一年間撮影したものを一時間に編集したセルフドキュメンタリーであるというところ。

イスラエルはパレスチナ問題ではもはや味方をする人は殆どいないくらい、国際的な立場が微妙な上にアラブ地域ながら全くアラブとは異質の国。その内部にカメラが入るのは、「パレスチナ問題」を取材する目的が殆どで、ニュートラルに内部での生活をとらえた映像は殆ど観たことがない。だから「イスラエルでの単身生活」というところに深い興味を抱きました。

映画でいうと、先日に観たパレスチナ映画「自由と壁とHip-hop 」「パラダイスナウ」では、イスラエルは顔の見えない悪者だった。そして「もう一人の息子」では舞台となったイスラエルは、アラブでもヨーロッパでもない独特の雰囲気がとても魅力的だった。

そんなイスラエルにとても興味があって、先日はYouTubeでイスラエル音楽のミュージックビデオを見てみたら、これがまたとても新鮮でした。アメリカでもヨーロッパでもアジアでもアフリカでもない、初めてみるような世界に夢中で入り込みました。ミュージックビデオの動画を載せようと思ったのに、検索しても見つからなかった。残念。

イスラエルでの単身生活を記録した、森山未來のセルフドキュメントは12月7日にNHK BSプレミアムで22:00より放送です。こちらで編集前のアーカイブ映像が公式ページで無料で視聴できます。Youtubeにも動画の一部が公開されていました。「どんな異国の地があるのか」とドキドキしながら観たら、日本と見間違うほどでした。ところで、NHK BSプレミアムってうちでは見れるのか!?