濃くて面白い映画だけの情報サイト

スクリーンに映画を投影するんじゃなく、目の網膜に直接映画を投影するGlyphというツールが紹介されていました。 (こちらの記事) ヘッドホン+網膜プロジェクターで完全に自分の世界に入れます。 最近はスマホで写真や動画を見る機会が増えたけど、やっぱり動画を見るには画面が小さいのは否めません。 Glyphをつけると、目の前2メートル先に80インチ相当のディスプレイを見るのと同等のサイズに見えるそうで、スマホとUSBでつなぐとスマホ画面の映像をGlyphに転送することができるのだとか。 実際にスマホで映画を観ているのを外目で観るとこんな感じらしいです。 外目にはロボコップのように見えますが、装着してる人には目の前に音と映像の世界が広がります。 こちらは映像 2月21日までに5万5千円払うと(出資すると)2014年の12月にβ版を手に入れることができるそうです。 欲しい!けど5万円は高いからいいや・・・