濃くて面白い映画だけの情報サイト

今年も2月5日~10日まで六本木にて文化庁メディア芸術祭が開催されていました。 3年前の2011年に家族を連れて観に行きましたが、すごく面白かったんです。 その中でも最高に面白かったのが、 テレビのブラウン管映像で演奏すると言うもので、会場はどよめきが起きるほど盛り上がっていました。 これは和田永さんというアーティストが、音声信号を誤ってブラウン管テレビの映像端子につないでしまったところ、縞模様が映ったそうです。 要は音声信号が映像信号に変換されて縞模様になって映っていた。 それをみて 「この縞模様の映像を音声信号に戻したら、また音声に復元されるのでは?] と考えて、縞模様が映るブラウン管を手で触りもう片方の手に、ギターアンプにつなげた音声ケーブルを握ったら、音が復元された。 じゃあ、これを楽器にできるのでは? そう考えた和田さんは、映像を楽器にしてしまいました。 その映像が下です。 今年はメディア芸術祭、是非行ってみよう!と思いながら終わっちまった・・・