濃くて面白い映画だけの情報サイト

先日も紹介させてもらった超ゲス映画「テレクラ・キャノンボール」の上映会イベント「パリ、手賀沼、新宿」がいよいよ明日(8/30)に新宿Motionにて開催されますよ!!ゲスバンドの演奏も、カンパニー松尾監督のトークショーも満載のイベントで参加費は前売り2000円/当日2500円(ドリンク別)!!!

「ちょっとマイナーだけど濃くて面白い映画だけを紹介させてもらっている」このサイト、おかげさまでアクセスがジワジワと伸びておりまして、個別にTwitterでメッセージを頂けるようにもなってきました。で、一番人気・反響が多い作品って何だと思いますか・・・?ダントツでアクセスされるのは、乱交パーティーゲス映画「愛の渦」と、Youtubeにすら予告編を削除されたヤリマンゲス映画「ニンフォ・マニアック」と、非の打ちどころのないゲス映画代表のこの「テレクラ・キャノンボール2013」なんです・・・もともとは「ボクが大好きなアートな作品だけを紹介するオシャレで気取ったサイト」に育てるつもりが、「エロ作品が一番人気なゲスサイト」に育ちつつあるんです。ちょっと待ってくれ!!ここはエロサイトじゃないんです。

でもね、みんなが好きな正しい作品を正しく紹介する意味なんてどこにある?!っていう想いもあるんです。みんなが好きな正しい作品なんて、ここで紹介されるまでもなく正しく話題になっているし正しく拡がっている。それよりも「こんな怪しい作品「面白い」なんて言ったらセンスだけじゃなく人格まで否定されるんじゃないか・・・」って心配になって夜も眠れなくなってしまうような作品、それでも陰でこっそりと「面白い・・・」と小さい声で言わざるを得ないような作品。だって面白いんだもん・・・こんな作品こそが(自分にとって)本当の名作だと思ってしまう側面も確実にあります。そして、表では絶対に「面白い」なんて言えない、誰もいない場所でゴミ箱に顔を突っ込んで「チョー面白ぇぇぇぇぇ!!!」と叫んでしまう映画がこの「テレクラキャノンボール2013」なんです。

前回の上映イベントではカンパニー松尾監督が登場し「ここで目撃したことの詳細は、ブログやTwitterでバラさないように」と念を押されたこともあり、内容の詳細は語ることができません。でも少ーしだけ
前回の上映イベントの記事で紹介していますので、興味のある方だけ読んでみて下さい。

前回の上映イベントでは正直驚きました。だって、場内を移動できないほどの盛況ぶりと美人女性の多さ・・・・いや正直なところ、参加する前は「こんな映画の上映会、どうせ参加するヤツはデブ・ニートのような油ぎっしゅな男ばっかだろう」って思ってたのに、半分が女性という事実に驚愕しました(乱交パーティー映画「愛の渦」も女性が多くて当の映画関係者が一番驚いたらしいです)。

そんなヤバい映画の上映会イベント「パリ、手賀沼、新宿」はいよいよ明日(8/30)に新宿Motionにて開催です

チケットは残ってるのか?!まだ間に合うの?!そんなことは知りません。でもね、僕もよくやる「DVD化を待てばいい」なんて丸い考えは捨てた方が良いです。この映画は見知らぬ大勢で熱狂するのがすごく楽しいんです。それだけではありません。7月の上映イベントで、僕は製作者でもあり出演者でもあり小学校1年生時からの親友でもあるタートル今田に迫ったんです。「おい!もちろんDVD化はされるんだよな?!」すると自信なさそうに「うーん・・・たぶん・・・・・・・」。DVD化されるかどうかすら怪しい名作は絶対に「上映会」で観る!!

hmnf032image01_s_large