濃くて面白い映画だけの情報サイト

知りませんでした。終わるまで。チェコの巨匠ヤン・シュヴァンクマイエル監督。彼の長編初作品「アリス」の上映会がcinecafe satoにて8/8~8/12で開催されていたらしいのですが、知らずに終わってしまいました・・・知っていたけど見逃してしまうのは仕方がないとして、「知らなかった」というのはなんとも悔しい限りです。

悔しいので他の上映会を調べていたら・・あった!!9/12(土)にUPLINKにてシュヴァンクマイエルの「悦楽共犯者」の上映会が開催されます!!

中学生の時に初めて「男のゲーム」「闇・光・闇」「地下室の怪」「BREAKFAST」「ランチ」等を観て以来、圧倒的な衝撃を受け、怖いもの見たさでつい見てしまうヤン・シュヴァンクマイエル監督の作品。ものすごく不気味でユーモラスな雰囲気に圧倒された作品群には政治的批判メッセージが満載されているそうなのですが、初めて観た中学生当時はそんなことを知る由もなく、それでも十分過ぎるほど楽しめました。

そしてチェコアニメは「東のディズニー」と言われているそうで、とにかくヨーロッパ独特の色彩の映像がキレイなことが特徴だそうです。その中でもヤン・シュヴァンクマイエルはかなりの「異端」なようですが、これを機にチェコ・アニメにも手を出してみようかと思っております。ユーロスペースでもこんなにたくさんのチェコアニメ作品群が上映されています。
こちらでも「大人がハマるチェコアニメの魅力」という題名で、いろんなチェコアニメが紹介されていてすごく面白いです。

こちらは3年前に開催されたシュヴァンクマイエルイベント情報ですが、シュヴァンクマイエルの良さがとてもよく記載されていると思います。