濃くて面白い映画だけの情報サイト

先日の記事に引き続き。10万円以下の機材でもプロ並み品質の映像が撮れる時代になりました。そして今流行の4K映像をYoutube上で探していたらPanasonic GH4シリーズを使って撮影された映像、ショートムービーがやたらとヒットします。投稿しているのは素人、セミプロ、プロ含めてみんな個人のクリエイター。なかには「GH4を今日買ってきたのでテスト映像をアップしてみた」的なタイトルの映像もあります。下の映像はプロの方が撮影したものですが、いやキレイ。今年の5月に逗子で開催された映画祭「CINEMA CARAVAN」の様子を撮影したショートムービーです。この映画祭、行くつもりだったのに予定が合わず行けなかったのです。



こちらは海外映像



こちらは個人製作ではないですが



思えば小学生の頃は8mmビデオが欲しくて欲しくて欲しくてたまらなくて毎日のように「ビデオデッキと8mビデオカメラが欲しい」と親に訴えていましたが買ってもらえず。いつか8mmビデオで映像を撮って「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の「おもしろビデオコーナー」(素人の映像投稿)に応募するんだ!と(本気で)考えていた情熱は次第に薄れていきました。

高校、大学へと進学し撮ろうと思えば撮れるお年頃になっても「映像を撮ってみたい」でも「めんどくさい」。いろいろ機材を揃えなきゃいけなさそうだし、機械オンチだし、街中で撮影したら目立ってイヤだし、多分才能も無いだろうから・・・そんな言い訳をつぶやきながら20数年が経過しました。

でもこのサイトを突貫で立ち上げて、YoutubeやVimeoで先に載せたようなキレイな映像、映画を漁っているうちに、日に日に甦る小学生時代の「映像が撮ってみたい」「もしかして自分にもショートムービーくらいなら撮れるんじゃないのか?!」という好奇心。4K映像が撮れるGH4は15万円程度だけど、ひとつ前のモデルGH3であれば10万円程度で買える!

9月に妻の妹の結婚式があるので、その様子を撮影したい!これを目標に、まずは10万円調達から・・・・