濃くて面白い映画だけの情報サイト



ミニシアター作品としては異例のヒット作品「ハンナ・アーレント」が8/5にDVDリリースされます!!東京では当初は岩波ホールでのみ公開されたこの映画は、連日大行列が続き、評判を呼んで全国各地へ公開を拡大したという異例のヒット作品です。この映画はハンナ・アーレントという実在したユダヤ人哲学者を描いた、事実をもとにした映画です。

ユダヤ人を強制収容所に輸送する指揮的役割を果たしたナチス戦犯アドルフ・アイヒマン。戦後アルゼンチンへ逃亡し潜伏しているところをイスラエルの謀報機関によって捕えられ、イスラエルで裁判にかけられました。ユダヤ人哲学者であり、強制収容所も経験したハンナ・アーレントはその裁判を傍聴し、その様子を記したレポートを作成。そのレポートが「ザ・ニューヨーカー誌」に掲載され、世界的な大論争を巻き起こしました。なぜ大論争を起こしたのか・・?それはユダヤ人大虐殺に加担したアイヒマンは極悪人として非難されて当然の人物であったのに、ユダヤ人である彼女が非難をせずに

「彼は組織の命令に従っただけだった。悪人ではなく、考えること・善悪を感じることを放棄した小役人にすぎなかった」

といった旨をレポートで論じたからです。このレポートがきっかけで「ユダヤ人大虐殺の首謀者を擁護するのか?!」と非難・批判の集中砲火が彼女に浴びせられました。この当時の様子が映画の中で描かれます。もちろん彼女はアイヒマンを擁護したわけでは無かった。ではなぜ彼女はそのような論旨のレポートを書いたのか?その真意が映画の中で描かれています。

こちらのサイトにわかりやすいレビュー記事が載っていました。私はこの記事を読んで「九州電力やらせメール事件※」を思い出しました。この事件で世間は「とんでもない!!」「大問題だ!!」と九州電力を大批判していましたが、私はちょっとした恐怖を感じていました。それは電力会社への不信からくるものではなく、自分の倫理観や思考力に対しての不安・恐怖でした。もし仮に、今自分が勤める会社が九州電力と同じような立場になったとして、「やらせメール」を自分の部下に依頼するように上司から指示が出たら・・・果たして異を唱えることができるか?と考えた時、まったく自信が無かったからです。

特に巨大組織の中で仕事をしていると、自分の仕事と社会とのつながりを全く考えなくなることがあります。納期やコスト、要求スペックのプレッシャーが強く、忙しい時ほどそうなる。要は自分の目の前の業務をこなすことしか目に入らなくなり、組織の中でスムーズに事を運ぶことが目的化してしまう。

ハンナ・アーレントはナチスの中でもこれと同様のことが起きていたとして、アイヒマンを悪人としてではなく「思考停止」「人間放棄」に陥った弱い人間と捉えます。そして、当時はこのように考える人間はいなかったことから、大論争と批判を巻き起こしました。そしてこのレポートは「イエルサレムのアイヒマン 悪の陳腐さについての報告」という本にもなっています。

いてもたってもいられなくなり、先日は急いでその本を買いに行ってきました!はやる気持ちで本を手に取り、貪るように読みふけるも30分程度でダウン・・・内容が難しい・・・しかも高い(\3800)・・・まあいいか、DVDで観れば・・・全体主義からくる思考停止への警笛を鳴らした強く勇気ある女性を描いた「ハンナ・アーレント」は8/5にDVDリリース!!

※「九州電力やらせメール事件」について 2011年6月、3.11で運転を停止していた玄海原子力発電所は運転再開を予定していました。そのため経済産業省主催のもと九州電力が佐賀県民に向けて運転再開について説明会を行う予定でした。九州電力は説明会をスムーズに進行させるために関連会社の社員に対して「運転再開を支持する内容のメールを投稿するように」事前に指示していたということが発覚し、「組織ぐるみの不当なやらせ」として批判と非難が集中しました。