濃くて面白い映画だけの情報サイト

「母親が息子の性器を切り取る」等過激な暴力・性表現の多さから、本国韓国では上映禁止の危機に瀕し、やっとのことで韓国当局から上映許可を得るも、過激な描写部分は制限するという「条件付きの上映」となっていた韓国映画「メビウス」。12月より新宿シネマカリテ他全国で上映されることが決定したそうです(記事元)。面白いかどうかはまだわからないですが、


・セリフは無く、「笑う」「泣く」「叫ぶ」という表現のみで描いた作品であること

・韓国で上映禁止の危機に瀕したこと

・日本語版の公式ページも無く、Youtube上に予告映像も無いこと

この3つが重なって、逆にとても興味をそそられることになったので、ここに紹介します。WEBで情報収集することが当たり前になり、映画の情報が公開前からたくさん入手できる昨今は、過激な「伝説」のみ大々的に公開して、その他の情報は一切出さないというやり方は逆に観客の興味をそそるマーケティング手法かもしれないと、映画とは関係の無いところで興味を惹かれてしまいました。もしもつまらなければ即削除します。